不倫の慰謝料減額に強い、すがの総合法律事務所@札幌

あなたは、こんなことでお悩みではありませんか?
  • 交際相手の配偶者の弁護士から、内容証明郵便が届いた!どう対応すればいい?
  • 突然、裁判所から訴状が届いた。300万円の支払いというのは妥当なのか?どうすればいいの?
  • 会社の上司との不倫がバレて、会社をやめるように言われたが、どうすればいいのでしょうか?
  • 相手方の弁護士から電話があり、「話を聞きたいので、事務所に来てほしい」と言われた。行かなきゃいけないの?

不倫が発覚してしまうと、「どれくらいの慰謝料を請求されるか不安」「支払えるだろうか」「相手が、どんな証拠を掴んでいるのか」「関係をどこまで把握されているのか」「会社をやめなければいけないのか」「離婚しなきゃいけないのか」など、いろいろな不安が出てくるものです。

当事務所に相談に来られる方も、最初は、上記のように悩んでいました。

実際、以下にご紹介する方々も、最初は上記のようにお悩みでした。

そのような中で、当事務所にご相談いただき、無事に解決に至ったのです。

「340万円減額できた」など、実績をご覧ください

※これらは、各お客様個人の結果です。同様の結果を保証するものではございませんこと、ご理解いただければ幸いです。

慰謝料を請求されたら?ポイント×
慰謝料の相場は?

不倫の慰謝料の相場は、おおむね50万円~300万円が相場とされています。
実際の慰謝料額は、様々な要素を加味して、総合的に判断されます。

例えば、「不倫によって離婚に至った」など、大きな損害を被った場合には、慰謝料は増額する傾向にあります。

逆に、「もともと夫婦関係が上手くいっていなかった」などの場合には、慰謝料は減額する傾向にあります。

その他、子供の有無、肉体関係の頻度、不倫の期間なども、判断要素になります。

何が証拠になる?

不倫の証拠になるのは、例えば、以下のようなものです。

  • LINEやFacebookメッセンジャー、メールなどでのやり取り(相手との関係性、主に肉体関係の有無が分かるもの)
  • 写真
  • 動画

他にも、直接的なものではなくても、例えば以下のようなものも、証拠になる場合があります。

  • 家に不倫相手の私物があった
  • 着信履歴に、不倫相手が多い
  • スマホのGPS機能で、不倫相手の家の付近にいることが多い
  • 電車のきっぷの購入履歴
  • 食事などのクレジットカードの明細やレシート、領収書
  • SNSの、2人で会っていたことを推認させるような投稿

当事務所の過去の事例ですと、「不倫相手に贈る手紙の下書き」が証拠になったケースもあります。

やってはいけないこととは?

一番やってはいけないのは、「自分だけで解決しようとすること」です。

多くの場合、慰謝料請求をしてくる側には、弁護士がついています。
弁護士は、法律や交渉のプロです。

自分だけで解決しようとすると、一方的な条件を提示されてしまい、不利な状況になりかねません。
例えば、「相場より高い慰謝料を支払ってしまう」「会社も辞めなければいけなくなってしまう」など、あなたの今後の生活も不安定になってしまいます。

自分で対応すると、感情的なやり取りになってしまい、解決が困難になる場合が多々あります。
自分一人で悩むことになり、精神的にも苦痛で、仕事や日常生活にも支障が出ることもあります。

弁護士に依頼することで、法律や裁判例に基づき、冷静に話し合えるようになります。

結果、早期の解決につながり、慰謝料額も減額できる傾向にあるのです。

解決までの流れ(全体像)は?
実績176件。不倫の慰謝料請求でお悩みなら、
私にお任せ下さい。

はじめまして。
すがの総合法律事務所の弁護士、菅野 亮(すがの りょう)と申します。

私はこれまでに、累計176件の不倫・離婚案件を解決してきました。

上述の実績でもご紹介させていただいたように、慰謝料の減額を成功させた実績も多数ございます。

一点。
私は、慰謝料(金額)の減額はもちろん大事だと考えていますが、それ以上に、「本質的な解決」になるよう、最善を尽くしています。

当事務所が目指す、「本質的な解決」とは?

例えば、慰謝料請求の場合、最終的には「示談書」を作成して解決する場合がほとんどです。
しかし、示談書を正しく交わしていないと、あとあとになって蒸し返されてしまうこともゼロではないのです。

そこで、「当事者の名誉が侵害されないようにする条項(会社にバラさない、等)」なども盛り込んだりします。

これにより、問題解決後の不安も解消することができるのです。

当事務所の6つの安心
解決実績176件。離婚・不倫問題に強い弁護士です。

解決実績が多いということは、つまり「解決に導くための引き出しが多い」ということです。

多くの事例に対応してきていますので、

  • 「こういう場合には、こうしていきましょう」
  • 「相手がこう反応してきたら、次はこうしていこう」

のように、その場に応じた最適な対応が可能です。

相手との交渉は弁護士にお任せ。あなたが話す必要はありません。

不倫相手との交渉は、すべて弁護士が行います。
弁護士が間に入って話をするので、相手側と直接話す必要がなく、精神的にも楽になります。

また、不安な点は弁護士に相談できるので、自分一人で考える必要がなくなります。
これにより、解決までのステップが明確になるので、不安もなくなり、スムーズに解決を目指していけます。

職場(会社)や、あなたのパートナー(配偶者)にバラされないよう、相手に警告できます。

「職場(会社)に言いふらされたらどうしよう…」
「自分のパートナー(配偶者)にバラされたくない」

上記のような不安もあるかと思います。

弁護士にご依頼いただければ、相手に送る受任通知の中で、そういった行為をしないように警告を与えることができます。

弁護士から警告することで、そういったことをされることはほぼなくなりますので、安心して解決を目指していけます。

代表弁護士が直接対応。最初から最後まで同じ担当で安心です。

すべての案件に、代表である私が対応させていただいております。

これにより、連絡の行き違いなどもなく、安心してご依頼いただけます。

慰謝料相談の専用の「相談票」で、スムーズな解決に導きます。

当事務所には、慰謝料相談の専用の「相談票」があります。

これは、慰謝料請求専用に当事務所が作ったもので、限られた時間で的確にご依頼者様の状況を掴み、最善のサポートを行うためのものです。

この相談票には、例えば

  • 請求の段階(内容証明郵便が届いた、調停を起こされた、訴訟を起こされた、など)
  • 請求されることになった経緯

といった項目があります。

この相談票があることで、弁護士が問題点を正しく把握し、実際の相談の際に、大事な部分にフォーカスしてお尋ねすることができます。

結果、スムーズな解決につながっていきます。

LINEでのお問い合わせも受け付けております。

「弁護士に相談するって、なんだか敷居が高い感じがして…」

そういったご不安を軽くできるよう、当事務所では、LINEでのお問い合わせも受け付けております。

どのような小さなことでも、まずは一度、ご相談下さい。

お客様の声
【150万円→50万円に減額】相談していなかったら、納得しないまま慰謝料を払ってしまっていたと思います。
Q1. 当事務所に依頼する前は、どんなことで悩んでいましたか?
A1. 不貞行為の慰謝料請求 内容に違う点があったためどうすれば良いかわかりませんでした
Q2. 何がきっかけで、当事務所を知りましたか?(グーグルで「●●」というキーワードで検索して、紹介で、など)
A2. Yahoo!で 慰謝料請求 札幌 で検索しました。
Q3. なぜ、他の事務所ではなく、当事務所にご依頼頂けたのでしょうか?
A3. 価格が安い、心身に話を聞いて下さったから。事務所も他に比べてきれいでした。
Q5. 最終的に、何が決め手となって当事務所に依頼をしましたか?
A5. 他の事務所は仕事として話を聞いているだけだと思いましたが、こちらは悩みに一緒に向き合って頂けそうだと思いました。
Q6. 当事務所に相談しようと思われてから、依頼するまでに何か躊躇することはありましたか?
A6. ありませんでした。
Q7. ご依頼の際、価格について、どう感じましたか?高いと感じましたか?安いと感じましたか?(高い安いのいずれにせよ)何と比べてそう感じたのでしょうか?
A6. 他と比べて安いと思いました。
Q8. ご依頼いただいて、一番の変化、良かったことは何でしょう?また特に気に入っている点や良かったと思われた点を3つほど教えて下さい。
A8. 依頼してからは、知ってくれてる人が他にもいると心強く思いましたし、自分への負担も軽くなりました。
Q9. 当事務所にご依頼頂かなかったとしたら、今頃どうされていると思いますか?
A9. そのまま 納得しないまま慰謝料をお支払いしていたかもしれません。
Q10. もし、当事務所をご友人などに紹介いただけるとしたら、何と言って紹介されますか?
A10. しっかりと話を聞いてくれた上で、どうすれば良いか考えてくれる事務所だとお話しします。

【440万円→100万円に減額】請求されている慰謝料の金額が、適正なのか?分からず不安でした。
Q1. 当事務所に依頼する前は、どんなことで悩んでいましたか?
A1. 金額が適性なのか。
Q2. 何がきっかけで、当事務所を知りましたか?(グーグルで「●●」というキーワードで検索して、紹介で、など)
A2. ヤフーで 慰謝料請求 弁護士 と言う検索
Q3. なぜ、他の事務所ではなく、当事務所にご依頼頂けたのでしょうか?
A3. 相談に来てすぐ決めれました。次を探す必要を感じませんでした。
Q4. どちらにすべきか最後まで悩んだ、もう1つの最終候補はありましたか?そのもう1つの最終候補に、「もし、これがあったら、そっちを選んでいたかもしれない」そんな要素があるとしたら、それは何ですか?
A4. ないです。
Q5. 最終的に、何が決め手となって当事務所に依頼をしましたか?
A5. ていねいに話をしてくれたので 信頼できたので。
Q6. 当事務所に相談しようと思われてから、依頼するまでに何か躊躇することはありましたか?
A6. ありませんでした。
Q7. ご依頼の際、価格について、どう感じましたか?高いと感じましたか?安いと感じましたか?(高い安いのいずれにせよ)何と比べてそう感じたのでしょうか?
A7. 初めてなので高い、安いの感じはありません。
Q8. ご依頼いただいて、一番の変化、良かったことは何でしょう?また特に気に入っている点や良かったと思われた点を3つほど教えて下さい。
A8. 自分の意見が確実に取り入れてもらえて、うまく言えない部分はじょうずにまとめていただいたところ。話がわかりやすかった。
Q9. 当事務所にご依頼頂かなかったとしたら、今頃どうされていると思いますか?
A9. 結果を見てこうかいしていると思います。
Q10. もし、当事務所をご友人などに紹介いただけるとしたら、何と言って紹介されますか?
A10. とても頼れる先生がいる。
Q11. もっと、こういう点が強化されたら、もっと当事務所を好きになる(あるいは、もっと当事務所のファンになる)。そういう点はありますか?
A10. 今は十分過ぎるので!

【300万円→150万円に減額】対応が早く、話しやすく、常に安心できました。
Q1. 当事務所に依頼する前は、どんなことで悩んでいましたか?
A1. 慰謝料請求
Q2. 何がきっかけで、当事務所を知りましたか?(グーグルで「●●」というキーワードで検索して、紹介で、など)
A2. Yahoo
Q3. なぜ、他の事務所ではなく、当事務所にご依頼頂けたのでしょうか?
A3. ネットで内容を調べた際、他の事務所より安心して話せる環境と感じたため。
Q4. どちらにすべきか最後まで悩んだ、もう1つの最終候補はありましたか?そのもう1つの最終候補に、「もし、これがあったら、そっちを選んでいたかもしれない」そんな要素があるとしたら、それは何ですか?
A4. 特になし
Q5. 最終的に、何が決め手となって当事務所に依頼をしましたか?
A5. 「慰謝料を請求されている方へ」というワード その内容が良かった。自分に当てはまっていた。
Q6. 当事務所に相談しようと思われてから、依頼するまでに何か躊躇することはありましたか?
A6. 特になし
Q7. ご依頼の際、価格について、どう感じましたか?高いと感じましたか?安いと感じましたか?(高い安いのいずれにせよ)何と比べてそう感じたのでしょうか?
A7. どちらも感じませんでした。
Q8. ご依頼いただいて、一番の変化、良かったことは何でしょう?また特に気に入っている点や良かったと思われた点を3つほど教えて下さい。
A8. ●常に安心ができた ●対応が早いと感じた ●話しやすかった(相談)
Q9. 当事務所にご依頼頂かなかったとしたら、今頃どうされていると思いますか?
A9. 違う事務所へ依頼
Q10. もし、当事務所をご友人などに紹介いただけるとしたら、何と言って紹介されますか?
A10. 安心して相談できる。

【200万円→50万円に減額】元夫から慰謝料請求され相談しました。とても信頼できる先生です。
Q1. 当事務所に依頼する前は、どんなことで悩んでいましたか?
A1. 元夫からの慰謝料請求
Q2. 何がきっかけで、当事務所を知りましたか?(グーグルで「●●」というキーワードで検索して、紹介で、など)
A2. ヤフーで検索して
Q3. 最終的に何が決め手となって、当事務所にご依頼いただけましたか?
A3. 料金がわかりやすかったのと、事務所のきれいさに、先生のお人柄を感じました。
Q4. ご依頼の際、価格について、どう感じましたか?高いまたは安いと感じましたか?(高い安いのいずれにせよ)何と比べてそう感じたのでしょうか?
A4. 来る前に、インターネットで色々見ましたが、あまりはっきりと書いている所がなく、比べるのには難しいですが、個人的には安いと思います。
何よりも、はじめにちゃんと説明して頂ける点が良かったです。
Q5. ご依頼いただいて、一番の変化、良かったことは何でしょうか?
A5. こんな事は何度もある事ではないので、わからない点、どうしたら良いのかわからない点などありましたが、アドバイス等で、信頼しておまかせできた点が良かったです。ほぼほぼお任せしてしまいました。
Q6. 当事務所をご友人などにご紹介いただけるとしたら、どのように紹介されますか?
A6. とても良いお仕事をして頂ける先生ですので、信頼してお任せできますよ!と紹介します。

※これらは、各お客様個人の感想です。同様の結果を保証するものではございませんこと、ご理解いただければ幸いです。

サービス内容・料金表

以下のサービスには、

  • 相手との交渉の代理(お客様は直接対応しなくて構いません)
  • 交渉の進め方・方針の提案(お客様の希望を伺い、最適な進め方をご提案します)
  • 各種法律相談
  • 示談書の作成(合意した内容を明記します)

といった内容が、すべて含まれています。

つまりあなたは、当事務所にご依頼頂くことで、『相手との交渉や、専門的な示談書の作成も弁護士に任せ、可能な限り慰謝料を減額できる』ということです。

着手金 10万円
報酬金 10万円

※上記の金額は、税別表記です。

※裁判の場合の弁護士費用は、別途お見積もりします。

まずは、初回無料相談。
「どの程度まで減額できそうか?」などの見通しをお伝えできます

まずは、無料相談をご利用下さい。

無料相談では、あなたの状況をお聞かせ頂きました後、

  • 慰謝料を支払う義務があるか
  • 請求されている額は妥当か
  • どの程度まで減額できる可能性があるか

などの見通しを伝えることができます。

前もってご予約頂ければ、時間外(平日の早朝や夜間、土日祝日)の無料相談も可能です。

解決までの具体的な流れ
お問い合わせ

メールか電話でお問い合わせ頂きます。

無料相談の日程調整をします。


初回無料相談(30分~1時間程度)

無料相談を行います。事務所への来訪いただいております。

無料相談では、ご事情をお聞きした上で

  • 慰謝料を支払う義務があるか
  • 請求されている額は妥当か
  • どの程度まで減額できる可能性があるか

などをお伝えしています。


契約

無料相談の内容にご納得いただけたら、契約となります。
契約後の相談料は一切かかりません。

証拠の準備

ご依頼者様の状況にあわせて、必要な証拠を検討します。

例えば、メールやSNSのやり取りで、慰謝料の減額の証拠になりそうな内容があれば、その内容を検討します。

交渉の開始

ご依頼者様の状況にあわせて交渉を開始しますが、多くの場合、内容証明郵便などで、慰謝料請求の通知が送られてきている状況にあります。

当事務所の弁護士が、相手(の弁護士)に対して連絡し、今後は当事務所が窓口になることを伝え、交渉を開始します。


示談手続きの完了

相手に慰謝料の減額などの提案を行い、相手と交渉のやり取りをします。

話合いがまとまったら示談書などの書面を作成して完了です。

サービス完了

以上の流れをもって、サービス完了となります。
なお、どうしても交渉での話し合いがまとまらない場合は、相手が慰謝料請求の訴訟を起こすケースがあり、訴訟手続について引き続きご依頼いただくことも可能です。

事務所地図・アクセス

〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目20番地 郵政福祉札幌第一ビル4階

電車でお越しの方

【地下鉄大通駅】1番出口より徒歩1分

地下鉄の出口を出ましたら、南側に進むと1階に郵便局が入っている茶色のビルがありますので、そのビルの4階になります。

お車でお越しの方

事務所には駐車場がございませんので、お近くのタイムパーキングをご利用頂けますようお願い致します。

事務所概要
事務所名 すがの総合法律事務所
住所 北海道札幌市中央区南1条西5丁目20番地 郵政福祉札幌第一ビル4階
代表者名 菅野 亮(すがの りょう)
電話 011-209-0200
対応地域 札幌市及びその近郊
所属会 札幌弁護士会
登録番号 38570
事務所の様子
業務の様子
資格者のご紹介

相談者様からじっくりとお話し・ご意見を聞くことを心がけています。
弁護士が一方的に話すのではなく、相談者様とともに問題を解決します。

相談者様に「安心」していただき、「勇気」を奮い起こしてもらえるように日々の業務に励んでいます。

「相談してよかった」と感じていただけるように、解決に向けて一人一人をしっかりとサポートいたします。

経歴・学歴 2004年 東北大学法学部 卒業
2007年 一橋大学法科大学院 卒業
2008年 弁護士登録 札幌市内の法律事務所に勤務
2013年 すがの総合法律事務所を設立
趣味 犬の散歩、演劇鑑賞、ゴルフ
好きな本 翔ぶが如く(司馬遼太郎 著)
好きな言葉 「大事なことは、真実を愛する魂、真実を見出したらそれを摂取するだけの魂を持っていることだ」
仕事にやりがいを感じる瞬間 お客様から「一人で悩んでいたけど相談してほっとしました。」と安心してもらうことができたとき。
出身 山形県
生年月日 1981/11/8
血液型 B型
よくあるご質問
私は結婚していて、会社にも勤めています。パートナー(配偶者)や職場(会社)にバレないか不安です。

不倫相手のパートナー(配偶者)から、あなたのパートナー(配偶者)や、あなたの職場(会社)に、直接連絡されてしまうリスクもゼロではありません。

その可能性を減らすために、弁護士から相手に、そういった行為をしないよう警告を与えることができます。
弁護士が介入することで、相手は弁護士とだけ話をしてくれることがほとんどです。
これにより、バラされてしまうリスクを少なくできます。

家族にバレてしまう可能性はありますか?

訴えられた場合、訴状が自宅に届くので、その段階でバレてしまう可能性がもっとも高いと考えられます。
しかし、その後は弁護士とのやり取りになるので、リスクは小さくなります。

不倫はしているが、相手は明確な証拠を持っていないはず。この場合、不倫を否定したほうがいいのでしょうか?

否定するのはお勧めしません。
仮に、何らかの証拠が出てきた場合に、責任が重くなってしまうからです。
嘘をつかず、誠実に話し合いを進めていくことを、強くお勧めします。

相手が既婚者であるとは知らずに、性的関係になってしまいました。慰謝料を払わないといけないのでしょうか?

もしあなたが、「まったく知らなかった」「注意しても知ることのできない状態だった」のであれば、支払う必要はありません。
しかし、それをあなたから直接相手に伝えてしまうと、相手も感情的になり、問題がこじれてしまう可能性もあります。
まずは、弁護士に相談されることをお勧めします。

追伸:「一人で悩んでいたけど、相談してホッとしました。」

不倫が発覚してしまった今、いろいろな気持ちが渦巻いているものと思います。

  • どれくらいの慰謝料を請求されるか?支払えるだろうか?という不安
  • 相手が、どんな証拠を掴んでいるのか?
  • 関係をどこまで把握されているのか?
  • 会社をやめなければいけないのか?
  • (自分のパートナーと)離婚しなきゃいけないのか?

弁護士は、法律のプロです。
法律の知識があれば、慰謝料の減額手続きを、淡々と進めることもできます。

しかし、それだけではいけない。
弁護士の仕事は、法律だけではない。

悩み・不安に寄り添って、あなたの明るい未来のために、一緒に考え、ベストな解決策をご提案すること。

これが、弁護士の仕事であると考えています。

実際、当事務所にお越し頂く方からも、「一人で悩んでいたけど、相談してホッとしました。」とのお声を頂いております。
こういった、安心したというお声をお聞かせ頂けるのが、大きなやりがいになっています。

慰謝料を請求されてお悩みなら、まずは無料相談にお越しください。

あなたの気持ちに寄り添い、全力でサポートさせていただきます。

必須お問い合わせの種類
必須ご希望のサービス

※複数チェック可。必ず1つ以上選択してください。
必須メールアドレス
必須お名前
任意電話番号(携帯も可)
ご相談内容・ご質問・その他